3Dスキャナーと3Dプリンター、他
当院での3Dディジタル矯正治療への取り組み


矯正歯科治療領域でも急速に普及してきた歯科用コーンビームCTは、高度な技術を利用して安心な治療を行うために必要不可欠なツールです。治療上も長期にわたる噛み合わせの安定を確保するために歯根や歯槽骨の状態を確認して矯正治療の方針を決定することがより重要になって来ています。
加えて、お口の中を直接に、あるいは歯型模型を光で正確にスキャンする機器や、3Dプリンターの普及により、これまで以上に患者様の負担を軽減させ、CTデータと組み合わせることで、より確度の高い矯正治療が可能になりました。

当院では最新の歯科用コーンビームCTや3Dプリンター等を設えております。

また当院では、かねてより矯正治療の質の向上のために、患者様お一人お一人の歯並びをCT情報や3次元の歯型模型等の情報を統合して診断をし、それぞれの患者様の理想的なゴールを設定して治療を行っ てまいりました。

造形物を0.05ミリの精度で出力できる3Dプリンターの導入により、お一人お一人の歯や歯列の形に合わせた矯正装置(カスタマイズされたマルチブラケット装置)や、マウスピースで歯並びを治す装置(マウスピース型矯正歯科装置)などの作製が、より正確で容易になることから、さらなる治療の質の向上が可能となりました。また、全て自院で作製できることから、我が国の薬事法で承認された材料のみを使用して、安心・安全なアライナー型矯正装置を作製しております。

このような当院での取り組みが、多くの患者様に良質でご満足いただける治療結果をもたらすことを願っております。

CT画像等の統合分析
  

 

CT抽出画像の
3Dプリントモデル

3D画像処理用PCと
3Dプリンター

 

3Dプリンターによる
造形物の出力

3D歯形模型上での
デジタルセットアップ①

 

3D歯形模型上での
デジタルセットアップ②

3D歯形模型上での
デジタルセットアップ③
  
  

 

デジタルセットアップの
3D出力モデルと
カスタマイズされた
マルチブラケット装置