インプラント補正(歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療)
歯を抜かなければならない治療(でこぼこ(叢生)や出っ歯(上顎前突)を受け口(反対咬合))の場合でも、歯を抜かずに治療が可能です。

メリット
・治療期間が一般的歯列矯正より短い
・歯を抜かない治療や一般的に外科手術が適応の場合においても
 手術なしで行える。

デメリット
・口腔内に歯列矯正用インプラント材料を埋入する外科処置が必要
 になります。